看護部

看護部長あいさつ

「手には技術 頭には知識 患者様には愛を」の病院理念に賛同し、平成28年4月より赴任しましたのでよろしくお願いいたします。
患者様を24時間365日ケアで、この理念を具現化し、結果に結びつけていくことが必要と考えます。看護実践のアウトカムを可視化し、患者様・ご家族の方々をはじめ、職員の満足度を上げられていければと考えています。医療行政改革が進む中、当院に求められている役割は、地域包括ケアシステムの中で地域と急性期医療を繋ぐ中核的な存在となることです。そのために、更なるチーム医療の推進と、質の高い回復期リハビリテーションを行うことが必要です。地域で暮らしたいと願う「患者様の気持」を第一に考え、寝たきり「ゼロ」と「在宅復帰」を目指し多職種間連携の基、温かい心のこもった質の高い看護を提供していくために皆様と共に頑張りたいと思います。

看護部長 和田 玲(わだ れい)

看護部の理念・方針・看護体制

理 念

確かな知識と技術、豊かな感性

方 針

  • 1.看護に携わる私達が常に心がけているのは「患者様の気持」を忘れないようにすること
  • 2.患者様やそのご家族一人ひとりを大切にし、温かい心のこもった質の高い看護を提供すること
  • 3.患者様にとって必要な医療サービスが受けられるよう、他職種との連携の要になること

看護体制

 固定チームナーシング

  看護部長 和田 玲
  副看護部長 髙橋 秀子
3・4階病棟(60床) 師 長 杉山 真一
5・6階病棟(60床) 師 長 朝倉 佳代子
7・8階病棟(60床) 師 長 石飛 和子
9・10階病棟(60床) 師 長 長田 節子
総看護職員数 218 名
看護師 127名
看護補助者 85名
クラーク 6名